便利で安心 ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のATM

ジャパンネット銀行の特徴と言えば、ネットオークションやネット通販での使いやすさが挙げられると思いますが、実はATMの使用手数料の安さもかなり評判なんです。

ジャパンネット銀行に預け入れしてある現金は、三井住友銀行を始めとする提携ATMで入出金出来ます。提携ATMは、セブン銀行・Enet銀行・@BANK・ゆうちょ銀行です。これらのどのATMで入出金した場合でも、月1回は手数料が無料です。

では月2回目からは手数料がかかるのかと言うと、3万円以上の取引額であれば月何度でも無料です!これはかなり嬉しいサービスではありませんか。3万円以下だと、ゆうちょ銀行で324円、その他のATMだと162円かかります。

ですから、もし月に何回かジャパンネット銀行の預金から現金をおろす予定があったとして、そのうちの1回が3万円以下ならば、月の最初に3万円以下をおろした方がお得です。3万円以下は手数料がかかりますが、初回ならば無料で済みますからね。

ちなみに提携ATMがそれぞれどの場所に設置されているかというと、セブン銀行はセブンイレブンやイトーヨーカ堂、Enet銀行はファミリーマートやスリーエフ、@BANKはファミリーマートに設置されています。

という事はコンビニでの提携ATMが多いので、24時間ATMが使えてとても便利というわけです。時間を気にせずしかも手数料も3万円以上だったら無料ですので、通勤前や帰宅途中などに現金を入出金するのでしたら、都市銀行のATMに寄るよりもジャパンネット銀行のキャッシュカードで入出金した方がずっとお得です。

ネットバンキングとなると振込みに便利というイメージがありますが、ジャパンネット銀行は振込みとATMでの現金の入出金どちらにも特化しているので、人気があるのもうなずけます。