斬新なサービスを行う大垣共立銀行

大垣共立銀行の驚きのサービス力

岐阜県の大垣市に本店を置く地方銀行の大垣共立銀行は、様々な意味で注目を集めている銀行です。例えば大垣共立銀行では窓口やATMの営業時間を、年中無休の365日24時間稼働させたりと、驚きのサービス力を発揮しているのです。

また大垣共立銀行のATMにはドライブスルーATMなる物もあり、車を降りずにスピーディーかつ円滑にお金を預けたりおろしたりすることが出来ます。この斬新なサービスはニュースでも取り上げられ、注目を浴びました。

地方銀行と聞くと地域活性化のために頑張るというような地味なイメージがありますが、大垣共立銀行はちょっと他の地方銀行とは違います。顧客のニーズに対応したサービスを、これでもかと提供してくれているのです。

それもこれも大垣共立銀行のトップの方針というのが、「大垣共立銀行は金融業ではなくサービス業である」という考えだからでしょう。この提唱に大垣共立銀行の社員一人一人が意識を変え、銀行の型を打ち破った接客は顧客の心をつかみました。

もちろん地方銀行ならではの地元愛も持ち合わせており、大垣市に本社を置く西濃運輸の野球部が都市対抗野球大会で優勝争いをした時などは、大垣共立銀行は社を挙げて応援していました。見事西濃運輸チームが優勝した時には、大垣共立銀行も地元の活躍に大喜びしたそうです。

大ヒットとなったドラマ「ルーズヴェルトゲーム」でも、大企業とその野球部の姿が感動を呼びました。仕事仕事と捕らわれていると利益だけに考えが凝り固まってしまい、本当に大切な物を見逃してしまうので、野球を楽しめる心の余裕が必要という内容でした。

まさに大垣共立銀行には、この本当の大切な物が見えているのかもしれません。ATM以外でも大垣共立銀行にはユニークなサービスがたくさんあります。かゆい所に手が届く銀行と言えるかもしれませんね。