定期預金で賢くお金を貯めよう

定期預金にあるメリットデメリット

元本が割れてしまうリスクがある投資信託などとは違い、安全に貯蓄できる定期預金。なんだかメリットばかりのように感じますが、デメリットはないのでしょうか?定期預金のメリットデメリットについて勉強してみましょう。

まず、定期預金のメリット。何度か説明してきましたが、最大のメリットは高金利ということです。ただ銀行においているだけの普通預金とは違い、満期まで原則解約できません。預け入れ期間に制限がある分、普通預金とは違って高い利息を受け取ることができます。

インターネットなどで探してみると、ネット銀行にはメガバンクなどよりも高金利に設定された定期預金があります。都市銀行などと違い、実際の店舗がない分、経費もかかりません。なので、上乗せ金利がある定期預金が用意できるのでしょうね。

また、時期によってはインターネット銀行含め様々な金融機関が定期預金のキャンペーンをすることもあります。ボーナスの時期に特別金利キャンペーンがあったり、口座を開設した人を対象にキャンペーン金利だったり。こういったキャンペーンの時に高金利の定期預金使えるというのもいいですね。

原則預け入れ期間中は解約できませんが、もし解約したとしても銀行口座にいれていた資金が減ることもありません。

さらに、ペイオフ対象のため、よっぽどのことがない限り貯金したお金の元本が割ることがありません。仮に、口座開設している金融機関が破綻した場合でも、一定額の払い戻しがあります。安全な金融商品であるということも、定期預金のメリットですね。

定期預金のメリットは高金利であること、安全であるということでした。では、定期預金のデメリットはどうでしょうか?

大きな定期預金のデメリットは、中途解約した時の解約金利でしょう。

定期預金として預け入れ期間を決めてしまうと、途中で何かお金が必要になった時に困ります。住宅ローンやカードローンの支払いにお金が足りない。今月は思ったよりクレジットカードを使ってしまい、カードの支払いが多い。こんなことがある人もいるのでは?高金利だからといって定期預金にしていても、お金が必要になったら解約するしかありません。

この場合、高金利な定期預金の利息ではなく、普通預金程度の利息で計算されてしまいます。このお金が自由にならないというのが、定期預金のデメリットです。

また、もし固定金利の定期預金の場合は、景気が良くなって世の中の金利が上がってきても金利は変わりません。もし、5年定期にしてからすぐ世の中の金利が上がってしまったら、5年間は金利が低いままの定期預金になります。変動金利の定期預金だったら、6ヶ月ぐらいごとに金利が更新されるのでいいかもしれませんね。

銀行取引の内容に応じてポイントがつくという銀行もネットバンクを中心に増えてきました。いろいろな商品を保有している人や、定期預金の金額に応じてポイントがつきます。ポイントの還元率はさまざまですが、振込手数料やATM手数料が無料になることもあります。

銀行ATMの出金手数料って、何度も出金すると意外とかかっています。こういったサービスも考えて、定期預金を選びたいですね。