定期預金で賢くお金を貯めよう

定期預金の選び方の肝

身近な金融商品として人気のある定期預金。いろいろな金融機関から、いろいろな定期預金が出ていますね。どのような定期預金を選べばいいのでしょうか?ここでは定期預金の選び方を説明していきます。

まず、定期預金の期間の選び方。定期預金は普通預金と比較すると、金利が高いというメリットがありました。でも、定期預金を満期より前に途中で解約すると普通預金と同レベルもしくは普通預金以下の利息しか受け取ることができません。なので、定期預金の期間は使う予定がないか考えてから選びましょう。

そして、定期預金にする金額。まとまった資金を1つの定期預金にしてしまうと、解約すると全部のお金が低い金利になります。もしかすると解約するかもという人は、まとまったお金ではなく小分けにして定期預金にしましょう。

投信のような投資商品と違い安全に貯金できる定期預金ですが、その分、金利が低く感じる人もいますよね。そういった人は金利水準が高めのインターネット銀行を選ぶのもオススメ。

インターネットなどで金利ランキングを見てみると、ネット銀行の順位が高いです。知名度はみずほ銀行など大手都市銀行が高いですが、定期預金の金利ではネットバンクが高いようですね。住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行などネットバンクの定期預金は高金利の定期預金が用意されています。

また、都市銀行やインターネット専業銀行以外にも金利の高い定期預金がある銀行もあります。それは、インターネット支店のある銀行です。今まではネット支店=大手の銀行というイメージがありましたが、今では知名度アップのために地方銀行などもネット支店を開設しています。なかなかその土地に住んでいないと銀行口座をつくる機会もない地方銀行。旅行気分で各地のネット支店を見てみるのもおもしろいかもしれません。

もっともっと高金利の定期預金を選びたい人には、キャンペーン狙いの定期預金がオススメです。例えば、口座開設キャンペーン金利。まだ口座がない金融機関がこんなキャンペーンをしている時はチャンスです。

他のキャンペーンとしては、退職金やボーナスといった時期を狙っているキャンペーンもあります。退職金受取をした人限定で上乗せ金利のキャンペーン商品などもあるため、いろいろな金融機関のサイトをチェックしておくといいかもしれません。

運用を考えている人には、投資信託などと組み合わせで特別金利になる定期預金もあります。まだまだ日本の市場金利は低い状況が続いています。全部をハイリスクのリスク資産にするのには抵抗があるけれど、半分を定期預金にするなら少し安心感もある。さらに、それで定期預金の金利が高くなれば一石二鳥ですよね。

ただ定期預金といっても期間も違えば、金利も違う。キャンペーンなどもありますから、いろいろと見てから選ぶといいでしょう。